So-net無料ブログ作成
検索選択

ITILの無料模試の結果は散々 [ITIL]

 本サイトに「ITIL」というキーワードで訪れる人がかなりいます。
 さして取り上げていないのですが、やはり人気の資格なのでしょう。

 せっかくだからITILについて検索してみると、無料で模擬試験を受けられるサイトがありました。

 「無料ITインフラストラクチャ技術認定試験」というサイトには、「ITIL V2 Foundation(EX0-100)と同等の出題範囲の試験が無料で受験できます」「ITIL V2 Foundationよりやや素直な問題なので、これに合格しないとまずダメです」と書かれていたので、試しに受けてみました。

 ITIL Foundation は、"Foundation" というくらいなので簡単だろうと思っていたら、結果はトホホでした。

  問題数=43
  あなたの得点=25点
  正解率=58.13953488372093%

 本番試験では、問題数40、正解率65%(26問)以上ならば合格だそうですから、私は不合格です。

 私の正解率が低かった原因として、まず挙げられるのは、ITILの用語を知らなかったことです。
 BCMとかSCMという言葉を見て、事業継続管理(business continuity management)やサプライチェーン・マネジメント(Supply Chain Management)を思い浮かべてはダメなのですね。

 BCMとは事業キャパシティ管理、SCMとはサービス・キャパシティ管理のことだそうです。いや、もちろん事業継続管理(business continuity management)も登場するのですが(^^;
 他にも混同しやすい略語がオンパレードで、RFCは Request for Comments ではなくRequest for Change(変更要求)、RCMは Risk Control Matrix ではなく Resource Capacity Management(リソースキャパシティ管理)だそうですから、経験で判断してはいけませんね。


 他の模擬試験も受けてみました。

 「無料deITIL V3 Foundation模擬試験」の結果。
  問題数=40
  あなたの得点=29点
  正解率=72.5%


 「ITIL模擬試験集」の結果。
  問題数=40
  正解数=19問
  正解率=47.5%


 まぁ、ITILについては白紙同然の状態なので、点数が低いのはもっともでしょう。
 しかし、言葉についてはきちんと理解しておかないと、IT関係者と話が通じないおそれもあります。

 ちょっと勉強してみるか…。


IT系資格ブログ
タグ:ITIL
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

情報システム部から消えた80人 [IT]

 日経ビジネスオンラインに、「クラウド――脱・自前主義の経営」という連載があります。
 2010年5月19日には、中古車売買大手のガリバーインターナショナルの取り組みが紹介されていました。

  上海拠点が火付け役、「持たない革命」
  中古車のガリバー、Google Apps採用でワークスタイルも刷新

 記事によれば、ガリバーでは次の取り組みを進めているそうです。

 ・Gmailを含むGoogle Appsの活用
 ・設備予約ツールやスケジューラ、社内ポータルなどを見直し、Google Appsへ統合
 ・iPhoneの導入
 ・Windows Azure Platformを利用した他システムのクラウド化
 ・将来的なデータセンターの統合

 この記事の中に興味深い記述がありました。

---
なお、多くの企業が気にするセキュリティ面については「自社よりも、グーグルのセキュリティ対策技術の方がレベルが高いはず」と良い意味での割り切りをしている。
---

 いわゆるクラウドに対して、セキュリティ等の面から懸念する声があります。
 それはもっともですが、この記事を読んで改めて思うのは、Google Appsを使う前の自社システムにおいて、どれだけセキュリティ対策ができていただろうかということです。
 「グーグルの…方がレベルが高いはず」なんて、いい加減に聞こえますが、現実にはクラウドを懸念するどころではない組織が多数あるだろうと推察します。

 そして、最も気になったのは次の記述です。
---
これまで、情報システム部は、業務委託先の社員も含め、約100人の人員で構成されていた。しかし、この変革を進めていけば、サーバのキッティング作業やメンテナンス、プログラマーなどの要員は不要になると考え、20人程度にまでスリム化した。
---

 記事には深く突っ込んだ説明はないのですが、約100人が20人程度にまで減員されています。
 とうぜん、数々の疑問が湧くと思います。

 ・約100人の頃はどのような体制だったのか?
 ・どの業務、システムの変更が、それぞれ何人の削減に繋がったのか?
 ・どのように削減したのか?(業務委託先の社員には引き揚げてもらう、派遣社員との契約は更新しない等?)
 ・削減された人は、その後どのような業務に従事したのか?新たな業務をどう感じているのか?
 ・残った20人と、削減された80人とでは、何が違ったのか?
  :

 こういったところが記事になることで、得るものもあると思います。


IT系資格ブログ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。