So-net無料ブログ作成

SIerからユーザーへ [CPE]

 2010年4月27日、NPO日本システム監査人協会の第153回月例研究会がありました。

 この日は、株式会社東京証券取引所の常務取締役兼CIOである鈴木義伯氏の講演でした。
 鈴木義伯氏は、NTTデータで長年にわたって金融システムに携わり、NTTデータフォースの社長を経て、2006年2月から東京証券取引所のCIOを務めていらっしゃいます。

 講演は、次のテーマで行われました。
 「東証新売買システム(arrowhead)の開発経緯について~上流工程の取り組みとその効果~」

 鈴木氏は、SIerからユーザー企業へ移られたわけですが、講演を聞くと、SIerにもユーザー企業にも厳しく接しているのが判ります。
 特に印象的だったのは、次の点です。

・遡及契約を止めさせた。
 ベンダーへのシステム開発の発注時に、日付を遡って契約を締結することがあったそうですが、鈴木氏がCIOに就任してからは禁止したそうです。
 契約と実態が乖離しているのは、品質、納期、遵法のいずれにも悪影響がありますから、1番大事なことだと思います。

・発注者責任の明確化
 東京証券取引所が作成した要件定義書、外部設計書を一字でも変更する場合は要件変更として扱ったそうです。
 要件変更の1件ごとにベンダーから見積もりを取って、1件ごとに発注していたそうです。

・要件変更を開発遅延の云い訳にさせない
 要件変更の発生工程、原因工程を明確にすることで、作業の遅延が発注者側の要件変更によるものか、ベンダー側の品質によるものかを明らかにしたそうです。
 

 講演は実データに基づいており、たいへん聴き応えがありました。


IT系資格ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

平成22年度春期試験 傾向の変化 [情報処理技術者試験]

 4月18日は、平成22年度春期の情報処理技術者試験でしたね!
 みなさま、手応えはいかがでしょうか。

 私もエンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)を受験してきました。
 諸事忙しくてサッパリ勉強してなかったのですが、午前Iが免除のおかげで家をゆっくり出れば良かったので、出がけに去年の問題と解答をサラッと読んでおきました。

 が、午前IIの問題は、去年に比べてずいぶん雰囲気が違いました。
 去年は論理回路なんて出題されず、ESらしくなかったのですが、今年はESらしい問題が多数出されました。
 そのため、去年の問題を見て油断していた私は、目を白黒させることになりました。

 6月25日の合格発表までハラハラします。


 さて、今回の試験についてですが、3月5日にIPAから次のプレスリリースがなされています。

 「春期試験としては5年ぶりに30万人超、全ての試験区分で応募者数が増加」

 長らく、応募者数が減少傾向にありましたが、全ての試験区分で応募者数が増加したとは喜ばしい!
 今後、受験者数も発表されることでしょうが、このまま増加し続けてくれるといいですね。


IT系資格ブログ
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

情報処理技術者が免許制?! [情報処理技術者試験]

 情報処理技術者試験センターから受験票が届きましたね。
 受験票には早めに写真を貼りましょう。
 私は受験当日の朝に証明写真機を探して、結局受験できないことがありました[あせあせ(飛び散る汗)]

 受験用の写真を撮ろうと証明写真機に近づいて、妙なことに気づいたのです。
撮影機.JPG


 判りますか?

免許.JPG


 なんと、情報処理技術者が、免許試験になっています!

 免許制になったら、免許を取らない限りその仕事に携われません。
 いやはや何とも。


IT系資格ブログ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。