So-net無料ブログ作成

資格と収入 2009年版 [収入]

 今年も米国のCertification Magazine が「2009 SALARY SURVEY」という特集を組んでいます。

 167ヵ国の40,000人以上のITプロフェッショナルにアンケートを取った結果です。
 昨年の記事に比べると、図表が著しく減ってしまって、読者がデータを分析するのは難しくなってしまいました。

 記事によれば、不況にも係わらずITプロフェッショナルの平均的年収は上昇しているようです。
 しかし、フルタイムで働いている人は2008年より減っています(94%→89%)。
 そして失業中の人は増えています(2%→4%)。
 就業している人全体の収入が下がるのではなく、職そのものがなくなる人がいて、幸い職に残れた人は給料が増えている、ということでしょうか。


[晴れ]回答者のプロフィール

・回答者の90%は男性。

・年齢層では25~29才が最も多く、27%を占める。

・IT産業への従事年数
  5年未満 ...36%
  5~10年 ...28%
   :
  20年以上 ...11%

・52.1%の人が、資格を3個以上持っています。

 ここでいう「資格」とは、Certification Magazineが選択肢に挙げた109個を指しています。たとえばイギリス発のITILファンデーション等は含まれていません。


[晴れ]資格ごとの年収
 単位はUSドルです。

第1位 Brocade Certified Network Engineer (BCNE) ...$146,250

第2位 (ISC)2 Information Systems Security Architecture Professional (CISSP-ISSAP) ...$136,060

第3位 Brocade Certified SAN Manager (BCSM) ...$136,020

第4位 Brocade Certified Fabric Designer (BCFD or BCSD) ...$135,600

第5位 (ISC)2 Information Systems Security Management Professional (CISSP-ISSMP) ...$134,100

第6位 ISACA Certified in the Governance of Enterprise IT (CGEIT) ...$130,750

 :
第11位 ISACA Certified Information Security Manager (CISM) ...$120,230

 :
第32位 ISACA Certified Information System Auditer (CISA) ...$104,800

 :
第105位 Dell certification ...$67,190

第106位 HP: Accredited Platform Specialist (APS) ...$64,180

第107位 Cisco Certified Entry Networking Technician (CCENT) ...$63,420

第108位 Microsoft Certified Desktop Support Technician (MCDST) ...$62,030

第109位 Certified Internet Web Professional (CIW) ...$59,290

 昨年1位だったBCSDは4位に後退、BCNEが1位になりました。
 ただ、昨年BCSDは$120,770で1位であり、今年は$135,600に上がっています。
 にもかかわらず、それを上回る高収入資格が登場したということです。
 ISACAが新設したCGEITも、第6位と健闘しています。

 わたしも取得したCISMは、昨年$109,410で3位だったのですが、今年は$120,230に上昇しているにも係わらず、順位は11位です。
 昨年に引き続き最下位のCIWですら、昨年の$57,780から$59,290へ上がっています。

 日本の景況感とは、だいぶ違うように思います。


[晴れ]労働時間
 Certification Magazine は、ITプロフェッショナルが転職を考える理由として、過重労働があるのではないかと考察しています。

 週40時間以上 ...59%
 週50時間以上 ...15%以上

 日本では42Kなどと云われますが、その過酷な状況は15%「以上」の中に潜んでいるのでしょうか。


IT系資格ブログ
タグ:収入
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

【直前講座】CISA、CISM 受験時の注意 [CISA]

 CISA、CISMの試験日がいよいよ今週末に迫ってきました。

 CISA及びCISMの勉強方法については以前記事にしましたので(関連記事1記事2記事3)、今回は受験時に心がけたいことを書きます。

 すでに受験したことのある人は、読み飛ばしてくださって結構です。


 CISA及びCISM試験の特徴といえば、何といっても試験時間が長いこと。
 4時間ぶっ通しですから、集中力を持続させるのがたいへんです。

 もちろん、解き終われば途中退出できます。私が受験した時にも2時間半くらいで退出する人がいましたから、4時間粘らずに済む人もいるでしょう。
 ただ、以前も申し上げたとおり、CISAやCISMの試験は問題文の意味を汲み取りにくいので、じっくり考えているとやっぱり4時間近くは要します。

 しかも、試験会場は受講者でいっぱいで、だんだん空気も濁ってくるんですね。
 この点、同じ長時間の試験でも、CBTのCIA試験だとパソコンの台数分しか受講者を入れないので、そんなにぎゅう詰めにはなりません。

 4時間も小さな教室に数十人がこもり続けるのですから、どうしても途中で気分をリフレッシュしたくなります。
 でも飲食物の持ち込みは一切禁止なので、喉を潤すこともできません。

 私が唯一の救いとしたのがトイレでした。
 トイレに立ったら即試験終了になる簿記検定とは異なり、CISA試験ではトイレ休憩が認められています。
 そこで、1時間に1回トイレに立つことでリフレッシュしました。
 便意はなくてもいいのです。深呼吸して顔を洗ってくるだけでリフレッシュになります。

 そのため、次のペースを心がけました。

 ・1問1分以内で回答する。

 1問1分で回答すれば、全問に要するのは200分です。
 試験時間は240分(4時間)なので、200分で回答すれば40分の余剰時間を作れます。
 この40分を、1時間ごと10分間のトイレ休憩と、提出前の見直し時間に振り向けます。

 こうでもしないと、濁った空気の中にじっと座っているうちに、眠くなっちゃうんですね。

 もちろんこれは4時間いっぱい粘る人のペース配分なので、2時間程度で退出できる人は考慮する必要はないでしょう。


 それから、試験当日は何があるか判らないので、くれぐれも7時30分には試験会場に到着するようにしましょう。
 わずかばかり開始時刻に遅れたために受験できないのは残念です。

 また、こんな失敗はしないように気をつけてください。


IT系資格ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

最年少合格者、最年長合格者 [情報処理技術者試験]

 情報処理技術者試験のサイトに、平成22年度春期試験の案内が出ました。

 そろそろエンベデッドシステムスペシャリスト試験の勉強を再開しなくては[あせあせ(飛び散る汗)]


 ところで、ITパスポート試験紹介サイトに最年少・最年長合格者の声が載っています。
 平成21年度春期の最年少合格者は13歳(受験時)、最年長合格者は82歳(受験時)だそうです。
 平成21年度秋期の最年少合格者は13歳、最年長合格者は81歳とのことなので、いずれの記録も破られていません。

 一時IPAは、最年少・最年長合格者の年齢を非公開にしていたと思いますが、こういうことは(本人が嫌でなければ)公開していただいた方が、みんなの励みになりますね。

 ちみなに、最年少合格者である愛知県の千賀みなみさんの受験の動機は、「学校の資格調査で誰も持っていない資格を書きたいと思ったので、受験しました。」とのことです。
 前向きで偉いです[わーい(嬉しい顔)]
 計算問題だけではなくマネジメント系の問題もあるのに合格したのですから、たいしたものです。

 ところで、トップページの写真は多部未華子さんじゃなくなったんですね。
 主演の朝ドラが終わったから?


IT系資格ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。