So-net無料ブログ作成
検索選択

ITエンジニアは貯蓄額トップ [収入]

 株式会社インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」にて、22歳~39歳のビジネスパーソンの貯蓄額を調査したそうです。

 それによれば、職種別の平均年収が最も高いのはITエンジニアで、482万円。
 貯蓄額でもITエンジニアが最も多く、特に500万円以上貯蓄している人の割合が他の職種よりも高い。

貯蓄額.JPG

 これだけ見ると、ITエンジニアは収入が良く、手堅く貯めているように見えます。

 しかしITエンジニアの場合、他の職種よりも残業代が多いのかも知れません。
 客先常駐でデスマーチをすれば、残業代と出張手当がどっさり入るし、使うヒマがないから貯まってしまいます。
 この調査では、収入の内訳(残業代の占める割合)や労働時間が公表されていないので、仮説を検証できませんが。

 調査対象が22~39歳というのもミソです。
 管理職に昇格し、残業代が出なくなっても、ITエンジニアは他の職種より高収入でしょうか。


 また、老博堂コンサルティングの佐藤治夫氏は、「このままでは“システム屋”の給料は下がり続ける」と警告しています。
 これまで金融分野では「常に需要が旺盛だったから」「高い技術者単価を許容し」ていたこと、「今後、金融分野の需要は冷え込む」ので「これまで割高な技術者単価を容認してきた金融機関もようやく目覚める」と述べています。


【インテリジェンスの調査概要】
 対象: 関東、関西、東海地域在住 正社員として就業中の22~39歳の男女
 調査期間: 2009年4月1日~4月3日
 調査方法: インターネットリサーチ
 有効回答数: 1,218件

IT系資格ブログ
タグ:収入

無料でCPEを稼ぐ [CPE]

 資格が増えてくると、維持するための時間と金がしんどくなってきます。
 ですから、無料でCPE(ポイント)を稼げるイベントは要チェックです。

 毎年10月は情報化月間なので、それにちなんでイベントがあります。

 今年も経済産業省と財団法人日本情報処理開発協会が共催で、無料の講演会を行うそうです。
 気になる後援予定団体は次のとおり。
  特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
  財団法人医療情報システム開発センター
  財団法人関西情報・産業活性化センター
  社団法人組込みシステム技術協会
  財団法人コンピュータ教育開発センター
  社団法人コンピュータソフトウェア協会
  社団法人情報サービス産業協会
  独立行政法人情報処理推進機構
  財団法人ソフトウェア情報センター
  社団法人電子情報技術産業協会
  日本商工会議所
  社団法人日本情報システム・ユーザー協会
  財団法人ニューメディア開発協会
  財団法人マルチメディア振興センター

 Webサイトにはわざわざ「※本講演会は、ITコーディネータ知識ポイント付与対象講演会です。」と書いてあります。

 もちろん、講演者の顔ぶれも興味深いものです。
 詳しくは、日本情報処理開発協会のWebサイトをご覧ください。


 また「情報化月間」参加行事として、情報システム・ユ-ザ会連盟が主催する第30回システム監査講演会もあります。
 次の団体が後援しています。
  NPO日本システム監査人協会
  日本セキュリティ・マネジメント学会
  ISACA東京支部
  システム監査学会
  社団法人 日本内部監査協会
  日本セキュリティ監査協会

 こちらは参加費として5,000円かかりますが、演目には株式会社三菱東京UFJ銀行 監査部業務監査室 上席調査役の金田雅子氏の講演もあります。
 先日紹介した講演の内容と同じかどうかは判りませんが、こちらも興味深いです。


 今年度上期にあまりCPEを貯められなかった人は、情報化月間で一気に挽回したいですね。


IT系資格ブログ

情報処理技術者試験の人気 [情報処理技術者試験]

 先日、昨年度(平成20年度)の受験者の行動について述べましたが、今年度も秋期試験の受付期間が完了したので、情報処理技術者試験がどのように関心を持たれているか見てみましょう。

 秋期試験におけるインターネットからの受付期間は、平成21年7月13日(月)午前10時 ~ 8月19日(水)午後8時でした(ITパスポートと基本情報技術者については、8月20日(木)午後8時まで受付)。

 この期間に「情報処理技術者試験」という言葉が使用された頻度を Google Insights for Search で見てみます。

期間比較.JPG

 今年度と昨年度の同時期の動きを重ね合わせてみると、どちらも同様の動きでありながら、今年度はわずかに昨年度を下回っているようです。

 7月の頭に大きな山がありますが、これは応用情報技術者及び高度試験の合格発表が昨年度の6月16日から6月30日に変わり、発表を見る人が7月にずれこんだためです。

 新制度をスタートさせても、あまり人気回復には貢献していないのでしょうか。


 次に、「情報処理技術者試験」という言葉に加えて「ITパスポート」への関心も見てみましょう。


(ケータイでは図が見えません。悪しからず。)

 ITパスポートは、情報処理技術者試験よりはるかに注目されています。
 イメージ・キャラクターに多部未華子さんを起用してのプロモーションは、ITパスポートについては功を奏しているようです。

 情報処理技術者試験の人気が低落傾向なのは寂しいですが、ITパスポートの関心が高まり裾野が広まることで山も高くなることを期待しましょう。


IT系資格ブログ

解答: 間違い探し [情報処理技術者試験]

 秋の情報処理技術者試験は忘れずに申し込まれたでしょうか。
 ITパスポート、基本情報技術者の試験はまだ間に合いますのでお急ぎください。

 さて、前回クイズの解答です。

 情報処理技術者試験センターの「試験の概要」のページには、次の記述があります。
---
情報処理技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」の水準がある程度以上であることを認定している国家試験です。
---

 しかしながら、「情報処理の促進に関する法律」では次のように定めています。
---
第七条  経済産業大臣は、情報処理に関する業務を行う者の技術の向上に資するため、情報処理に関して必要な知識及び技能について情報処理技術者試験を行う。
---

 すなわち、情報処理技術者試験を行うのは経済産業大臣です。
 「試験の概要」には「経済産業省が…認定している」と表記されていますが、法律に経済産業省は登場しません。

 内部統制への取り組みなどで職務分掌に注意を払った方なら、「試験の概要」の記述は気になることでしょう。
 合格証は法律どおり経済産業大臣の名前で発行されてますけどね。


 ちなみに同法では、IPAが行えるのは「試験の実施に関する事務」であることを定めています。
 ときどき、IPAが試験を行っているかのような記事を見かけますが、それも正確とは云えませんね。


IT系資格ブログ

クイズ: 間違い探し [情報処理技術者試験]

IPA.JPG
 これは、情報処理技術者試験センターの「試験の概要」のページです。

 このページにはある間違いが存在します。
 それは何でしょう?


 セキュリティホールとか、不正な改竄などという話ではありません。
 軽いノリでお付き合いください。


 解答は次回にて


IT系資格ブログ

続・カウンターの謎 [IT]

 前回のつづきです。
 So-net blogサポートデスクから、回答をいただきました。

---
お問い合わせの件に関しまして、ご返答いたします。

■アクセス解析ではフィードの取得もカウントしていますか?

 上記につきましては、フィードの取得もカウントしております。

■アクセス解析では、どの時点でカウントアップしていますか?

 上記につきましては、Webサーバのアクセスログを元に計測をしております。

■ユニークユーザーを特定するためにどのような方法をとっていますか?

 上記につきましては、IPアドレスにて識別しております。
---

 1番目の回答は、ちょっと意外でした。
 てっきりフィードの取得は対象外かと思っていました。
 しかし、これでFC2カウンターとの相違の大きなところは説明できるかも知れません。

 FC2カウンターはページ内のタグが呼び出されて初めてカウントするので、フィードの読者を認識することはできません。当ブログの記事をフィードで読まれている方が多いとすれば、FC2カウンターと乖離があるのは当然です。


 2番目の回答も、FC2カウンターの値から乖離する原因になりえます。
 FC2カウンターはタグが呼び出されないとカウントできないので、タグの呼び出しが完了する前に別のページに移動されたらカウント外です。
 しかしサーバーのアクセスログからなら、そんなときでもカウントできます。

 まぁ、頻繁に起こることではないでしょうが。


 3番目の回答からは、同一人物が携帯電話でアクセスした場合にカウントが過大になるおそれがあることが判ります。
 精度を高めるには、携帯電話の端末IDを認識して集計できるツールを設置しないといけませんね。


 So-net blog は管理者画面のアクセス解析結果を見ても、訪問者の行動がどう数字に結びつくのかあまり詳しい説明がありません。
 私はユニークユーザー数やページビューを厳密に計測したいわけではないので、だいたいどれくらいの人が読んでくださっているのか傾向が判れば充分ですが、もう少し説明があると嬉しいですね。


 ちなみに、当ブログでは記事全文をフィードで送信していますが、サポートデスクに確かめたところ So-net blogではフィードの一部のみを送信する機能は提供していないそうです。
 これは、フィードをあくまで自サイトに誘導するための手段と考えている人には都合が悪いかもしれませんね。
 アフィリエイトのためにブログを利用するときなど、こんなところも検討のポイントでしょうか。

 また、フィードだと絵文字が再現されなかったりするので、サイトを見に来ていただいた方が望ましいとは思います。


IT系資格ブログ

カウンターの謎 [IT]

 先週からページのデザインを少しだけ変更したのですが、気づいた方はいらっしゃるでしょうか?


 So-net blog には簡単なアクセス解析の機能があり、ブログ管理画面にて、日別、ページ別に、ユニークユーザー数とページビューを知ることができます。
 しかし、ユニークユーザーの累計を見ることはできないので(日別の数を自分で足せば判りますが)、ブログの開設後しばらくしてから、画面右下にアクセスカウンターを設置しました。
 So-net blog はアクセスカウンターを提供していないようなので、FC2カウンターを置いてみました。

 ところがやがて、FC2カウンターのユニークユーザー数と、So-net blog のアクセス解析でのユニークユーザー数が、たいへん乖離していることが気になりました。
 異なるシステムですから、ピッタリ同じ数になるとは思いませんが、FC2カウンターよりもSo-net blog のユニークユーザー数は2~3倍も多いのです。

 この違いはなんだろう…と考えていて、思い当たったのが携帯用サイト。
 FC2カウンターは、ページを表示する際にFC2カウンターのタグが呼び出されてはじめてカウントアップします。
 なのにウッカリ、携帯用サイトにFC2カウンターのタグを設置していませんでした。

 So-net blog のアクセス解析は特別なタグの設置を必要としないので、ページの表示に関係なくサーバーへのアクセスが生じるたびにカウントしていると考えられます。
 だからSo-net blog のアクセス解析とFC2カウンターとで、数が大きく乖離したのだと推察しました。

 私は、それまであまり携帯用サイトに気を配っていなかったので、FC2カウンターのタグを設置するとともに、カテゴリー別の表示や月別の表示ができるようにしました。
 それが先週のことです。


 しかし、携帯電話からのアクセスにおいて、ユニークユーザーの識別は困難です。
 多くのアクセス解析ツールは、ユニークユーザーを数えるにあたって「同じ日に同じIPアドレスからアクセスされても1人と数える」ようにしていることでしょう。
 ところが携帯電話は極めて短時間で(ほぼアクセスごとに)IPアドレスが変わってしまいます。

 So-net blog はアクセスログを見ることができないので、他のブログサイトで試したところ、同じ携帯電話からアクセスしても、1分と置かずに新しいIPアドレスが割り当てられていました。ゆっくり記事を読んだり、ちょっと考え事をすると、次の記事を読むときには別のIPアドレス(別のユニークユーザーとしてカウント)になっています。
 これは携帯電話の使い方を考えると致し方ないことでしょう。
 携帯電話では、電車待ちのようなちょっとした空き時間にアクセスすることが多い。
 一瞬アクセスしたら当分アクセスしないかも知れない人のために、いつまでもIPアドレスを割り当てているわけにはいかないのでしょう。

 これに対して、一般家庭向けISPのIPアドレスは、さすがにアクセスごとに変わることはないようなので、「同じ日に同じIPアドレスからアクセスされたら1人と数える」のは合理的といえるでしょう。

 つまり、一般家庭向けISPのIPアドレスと同じ数え方を携帯電話にも適用すると、同一人物のアクセスを別個に捉えて、過大にカウントすることになってしまいます。

 とはいえ、携帯用サイトにもFC2カウンターのタグを設置することで、少なくとも So-net blog のアクセス解析との乖離は解消されるだろう、と期待しました。

                      [exclamation]

 ところが意外なことになりました。
 相変わらずFC2カウンターよりもSo-net blog のアクセス解析のユニークユーザー数が2倍ほども多いのです。

 FC2カウンターはタグが呼び出されないとカウントできませんから、タグの呼び出しが完了する前に別のページに移動されたらカウント外です。
 そういう違いもあるので完全に一致するとは思いませんが、それにしても2倍の差とは…。

 携帯電話でのアクセスはそれほど多くはなかったようです。
 そこで、これまで疑問に感じていた諸々をサポートデスクに質問してみました。


---
アクセス解析について質問します。よろしくお願いします。

・ブログをRSSリーダで読んでいる読者も多いと思いますが、アクセス解析ではフィードの取得もカウントしていますか?

・アクセス解析では、どの時点でカウントアップしていますか?
  A. WEBサーバにクライアントからのリクエストが届いた時点。
  B. なんらかのアクセス解析用のタグが呼び出された時点。
  C. ページの送信が終わった時点。
  D. その他(具体的に:          )

・ユニークユーザーを特定するためにどのような方法をとっていますか?
  A. IPアドレスのみで識別している。
  B. IPアドレスと携帯電話の端末IDで識別している。
  C. その他(具体的に:          )
---
 (つづく)


IT系資格ブログ

役に立つ資格はどれだ? [資格]

 しばらく前の記事ですが、週刊 東洋経済 2009年5月23日号の「大失業時代の副業・資格」という特集の中に、「役に立つ資格はどれだ?」という表がありました。
 「平成の資格王」ことクイック教育システムズ社長の中村一樹氏と、フリーライターのオバタカズユキ氏が、30個の資格を採点しています。


 中村一樹氏が最高の星5つをつけたのは次の資格。
  公認会計士
  MBA
  中小企業診断士

 対するオバタカズユキ氏は、星5つをつける資格はなくて、星4つを次の資格につけています。
  公認会計士
  税理士
  不動産鑑定士
  簿記
  通訳案内士
  気象予報士
  第二種電気工事士

 このように評価が分かれるのは、中村一樹氏がスキルアップのために資格取得を推奨しているのに対し、オバタカズユキ氏は就職や独立に結び付くかどうかを重視する、という観点の違いによるのでしょう。


 さて、気になるIT関係の資格では、次の2つがリストアップされています。

  ITコーディネータ
    中村氏 ★★★、  オバタ氏 ★

  ベンダー系資格(オラクル・マイクロソフト等)
    中村氏 ★★★★、 オバタ氏 ★★★

 ベンダー系資格は両氏ともにそれなりに高評価ですが、ITコーディネータは評価が分かれました。
 これは両氏の観点が異なるからで、オバタ氏のように「資格を取ったら就職や独立に結び付くのか?」と考えると、この評価は仕方のないところかも知れません。
 日経ソリューションビジネスの調査でも、ITコーディネータは「営業職/技術職に取らせたい資格」では第2位につけるのに、「営業効果の高い資格」では12位まで後退してしまいますから(ベンダー系資格も決して高得点ではありませんが)。


 それにしても情報処理技術者試験がリストにないのは解せません。
 日経ソリューションビジネスの調査では、「営業職/技術職に取らせたい資格」でも「営業効果の高い資格」でも、トップは情報処理技術者試験の資格なのに。

 とどのつまりは、IT関係の専門誌ではなく経済誌の編集部にアピールする資格は、ITコーディネータとベンダー系資格ということでしょうか。
 すなわち、IT関係ではないビジネスパーソンは、情報処理技術者試験を知らないし、ベンダー系資格の個々の違いにも興味はない、ということなのかも知れません。
 IPAがんばれ!


IT系資格ブログ

ここが簡単、この資格 [情報処理技術者試験]

 先日、システム監査技術者とITストラテジストが意外に狙い目だろうと書きました。
 この点について、別の観点から迫ってみます。

 この春、私がエンベデッドシステムスペシャリストを受験した際、答案用紙を埋めるのに試験時間ギリギリまでかかりました。
 計算問題を手計算で解くのが苦手なためです。
 他の試験区分でも計算問題を面倒と感じる人は多いのではないでしょうか。


 しかしシステム監査技術者やITストラテジストには、計算問題がほとんどありません。
 知っていれば答えられるし、知らなければ答えられない問題ばかりなのです。1問々々に時間がかかるわけではない。
 ですから、本番試験でも余裕で見直し時間を確保できます。

 これはまた、普段の勉強にも影響します。
 通勤電車の中で、手計算で問題を解いているのはたいへんすが、システム監査技術者やITストラテジストなら片手で問題集を持てさえすれば勉強になります。
 ちょっとした時間を有効に使えるので、平日だけでも意外に勉強がはかどります。


 というわけで、システム監査技術者やITストラテジストは、他の区分よりも勉強しやすい。
 にもかかわらず、今なお難易度が高いと言われ続けているので、箔がつきます[わーい(嬉しい顔)]


IT系資格ブログ

加害者の追跡と特定 [IT]

 IPAが「夏休み前における注意喚起」を通知しています。

 IPAは、いつも長期休暇の前にこのような通知をしてくださるのですが、だんだん通知文が長く詳しくなっている気がします。
 それだけ、被害が拡大・深刻化しているのでしょうか。


 ところで、いつもながらの注意文で、気になる箇所があります。

 「ワンクリック不正請求」を行うサイトへのアクセス等により、不正請求画面が表示されてしまった場合の注意事項の2番目。
---
入会登録画面や請求書画面などに表示されている「IPアドレス」、「利用しているプロバイダ名」などの情報からは、個人を特定することはできませんので、とにかく「無視」してください。また、お金も絶対に振り込まないでください。
---

 IPアドレスやプロバイダ名が画面に表示されると、身許を押さえられてしまったと動転してしまう人もいるのでしょう。
 そんなものは無視するのが1番ですから、こういう注意喚起は必要でしょう。


 しかし次のようなニュースに接すると、ちょっと考えてしまいます。

 ■お笑い芸人をブログで中傷 男女18人を名誉毀損容疑で立件へ (2009年2月5日 産経ニュース)

 中傷した人たちは、警察の捜査が及ぶ可能性をどれほど認識していたでしょうか。
 この人たちは、「何を書き込んでも、どうせ個人を特定することはできないだろう」と思っていたのではないでしょうか。

 久保健一郎弁護士が、ネットの誹謗中傷において加害者を追跡して特定する手立てについて述べておりますとおり、しかるべき手続きを経れば個人を特定できる可能性はあります。

 不正請求に引っかからないように通知することも重要ですが、引っかかる人はあまりIT等に詳しくなかったりします。
 「そうか、どうせ個人は特定できないんだ」と受け取られないか心配です。


 まぁ、そもそもIPAの通知に目を通している人には、言わずもがなという気もしますけれど。
 通知を読まない人にどうリーチするかが課題なんでしょうね。


IT系資格ブログ
タグ:IT

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。