So-net無料ブログ作成
検索選択

【直前講座】CISA、CISM 受験時の注意 [CISA]

 CISA、CISMの試験日がいよいよ今週末に迫ってきました。

 CISA及びCISMの勉強方法については以前記事にしましたので(関連記事1記事2記事3)、今回は受験時に心がけたいことを書きます。

 すでに受験したことのある人は、読み飛ばしてくださって結構です。


 CISA及びCISM試験の特徴といえば、何といっても試験時間が長いこと。
 4時間ぶっ通しですから、集中力を持続させるのがたいへんです。

 もちろん、解き終われば途中退出できます。私が受験した時にも2時間半くらいで退出する人がいましたから、4時間粘らずに済む人もいるでしょう。
 ただ、以前も申し上げたとおり、CISAやCISMの試験は問題文の意味を汲み取りにくいので、じっくり考えているとやっぱり4時間近くは要します。

 しかも、試験会場は受講者でいっぱいで、だんだん空気も濁ってくるんですね。
 この点、同じ長時間の試験でも、CBTのCIA試験だとパソコンの台数分しか受講者を入れないので、そんなにぎゅう詰めにはなりません。

 4時間も小さな教室に数十人がこもり続けるのですから、どうしても途中で気分をリフレッシュしたくなります。
 でも飲食物の持ち込みは一切禁止なので、喉を潤すこともできません。

 私が唯一の救いとしたのがトイレでした。
 トイレに立ったら即試験終了になる簿記検定とは異なり、CISA試験ではトイレ休憩が認められています。
 そこで、1時間に1回トイレに立つことでリフレッシュしました。
 便意はなくてもいいのです。深呼吸して顔を洗ってくるだけでリフレッシュになります。

 そのため、次のペースを心がけました。

 ・1問1分以内で回答する。

 1問1分で回答すれば、全問に要するのは200分です。
 試験時間は240分(4時間)なので、200分で回答すれば40分の余剰時間を作れます。
 この40分を、1時間ごと10分間のトイレ休憩と、提出前の見直し時間に振り向けます。

 こうでもしないと、濁った空気の中にじっと座っているうちに、眠くなっちゃうんですね。

 もちろんこれは4時間いっぱい粘る人のペース配分なので、2時間程度で退出できる人は考慮する必要はないでしょう。


 それから、試験当日は何があるか判らないので、くれぐれも7時30分には試験会場に到着するようにしましょう。
 わずかばかり開始時刻に遅れたために受験できないのは残念です。

 また、こんな失敗はしないように気をつけてください。


IT系資格ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。