So-net無料ブログ作成
検索選択

論文必勝法 [情報処理技術者試験]

 秋の情報処理技術者試験まで、あと2週間になってしまいました。
 皆さん、最期の追い込みにかかるところだと思います。
 ついては、ご参考までに私なりの論文試験必勝法をお伝えします。

 …と思ったら、すでに「論文試験に勝つ(1)」という記事が書かれていました。

 なんだ、私ごときの出る幕はない、と思ったのですが、上の記事とはちょっと考えが異なるところもありますし、参考情報は多いに越したことはないでしょうから、以下にしたためることにします。
 ここでの必勝法とは、「必ず勝つ方法」ではなく「勝つために必ずやっておくべき方法」くらいの意味でお読みください。


1. 最大の難関は何か

 鉛筆又はシャーペンで、規定文字数の論文を書かねばならない。
 論文試験の難しさは、この点につきます。

 いまどき、鉛筆やシャーペンで長文を書く人はいないですよね。試験のためのトレーニングをしておかないと、いざ本番では指が動きません。
 私なんか、漢字の書き方を思い出せません。


2. 時間との闘い

 論文が課される午後II 試験は2時間。
 この2時間を目一杯つかうとして、次のような配分が標準的でしょう。

 ・問題選択及び構想立案  10分
 ・執筆  100分
 ・読み返し  10分

 では、100分で何文字書かねばならないか。

 面白いことに、平成21年度春期試験では区分ごとに必要な文字数が異なりました。

  プロジェクトマネージャ試験
   設問ア 800字以内
   設問イ 800字以上、1,600字以内
   設問ウ 600字以内、1,200字以内

  システム監査技術者試験
   設問ア 800字以内
   設問イ 700字以上、1,400字以内
   設問ウ 700字以内、1,400字以内

 ただ、合計すれば同じこと、「2,200字以上、2,800字以内」が規定の文字数です。
 最小の2,200字で済ませるにしても、
   100分/2,200字 = 2.7秒/字
 で書き飛ばさなくてはなりません(上の記事では2.5秒/字としていますが、分母・分子が異なります)。

 ちょっと試せば判りますが、日頃手書きに慣れていない人がこのスピードで書き飛ばすのはかなり難しいです。


3. 勝利のポイント

 上のような時間制約の中で、「(1)まともな論文」を「(2)手書きで仕上げる」ことがポイントとなります。

 …当たり前ですね。

 ちなみに「(1)まともな論文」とは、少なくとも次の条件を満たしているべきでしょう。
 ・テーマに沿っている
 ・序論、本論、結論の枠組み通りに展開している。

 これまた当たり前のことです。
 特に情報処理技術者試験では、各設問どおりに書けば序論、本論、結論に展開できるようになっています。
   設問ア 序論
   設問イ 本論
   設問ウ 結論
 設問ウは結論にしてはやや長いですが、ここまで明確に枠組みが示されている以上、枠組みどおりに書けば良いということです。
 間違っても「設問が3つある」なんて思ってはいけません。


4. ひな形を作っておくべきか?

 余談になりますが、上の記事では「下書きなしに合格なし」と書かれています。
 下書きとはすなわち本番用のひな形のことでしょう。
 参考書等でもあらかじめひな形を作成してから本番に臨むように書いてあるものを見かけます。

 しかし私は少々ちがう考えです。
 論文作成を指導していて、ひな形にとらわれてうまくいかない人を見てきました。

 [満月]ひな形を作ることへの懸念

 ・予知能力でもない限り、ひな形が試験問題の趣旨に沿うことはありません。
  コスト削減についてのプレゼン資料を用意して社長の前に立ったら、新規事業について説明してくれと云われてしまうようなものです。
  ひな形が役に立つでしょうか。

 ・ひな形作成を論文対策として選択した人は、本番の論文をひな形に合わせようとします。
  ひな形をベースにするつもりだから当然そうなるのですが、ひな形に合わせるのは本末転倒です。
  問題には回答すべきテーマがあり、そのテーマに沿っていなければ「(1)まともな論文」の条件を満たしません。
  ひな形を用意した人の論文を読むと、テーマを捻じ曲げてひな形に近づけようと無茶な論法になっていることがあります。

 ・いくらひな形を作っても試験会場に持ち込めるわけではありません。ひな形を生かすには覚えておく必要があります。
  そのため試験前の貴重な時間を、文章能力の向上ではなく、暗記のために使ってしまいます。
  そもそも論文試験が課されているのは、一定の文章能力を有することが期待されているからです。
  ひな形を暗記しても、ビジネスパーソンとして必要な文章能力を高めることができません。

 ひな形を作成する上で、これら各点の対処も考えてあるなら良いのでしょうが。


 長文になってしまったので、具体的なトレーニング方法は次回説明します。


IT系資格ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。