So-net無料ブログ作成
検索選択

プログラミングより難しい電卓 [簿記]

 日商簿記3級を受検したことはすでに述べましたが、3級とあなどるなかれ、勉強してみるとなかなか歯ごたえがありました。

【弱点】
 私には次の弱点があることが判りました。

 1. 目視では数字を正確に識別できない。
   6800と8600を混同するとか[たらーっ(汗)]

 2. 正確に転記することができない。
   3000000を300000と書いてしまうとか[たらーっ(汗)]

 3. 正確な打鍵ができない。
   電卓を叩くたびに合計が異なる[たらーっ(汗)]

【原因】
 上の3つとも、これまで必要なかったために、身についてないのです。

 たとえば、10000000000という数値があったとします。
 0が9個か10個か判りにくいですが、従来なら正確に読み取る苦労はありませんでした。
 次のように表記したからです。
   1.0×10^10
   10G(ギガ)
 単位や表記方法にもよりますが、数字そのものが並ぶのはせいぜい3つ程度で済みました。

 けれども、簿記では10000000000は10000000000です。
 実際には3桁ごとにカンマで区切りますが、慣れていないのでカンマが目印にならない(^^;


 金額を計算するプログラムはたくさん書きましたが、自分の目と手で計算するのがこんなにたいへんだとは思いませんでした。
 トホホ。


IT系資格ブログ
タグ:簿記
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 3

NO NAME

簿記2・3級程度は、全て慣れと単純計算で対応が可能だけど、

プログラミングは、基本情報の問題であれ、高度試験の合格者ですら
難しいと思える内容だ。


また、システム業界は、もっと複雑な構成のプログラムを多様するから、業務も難しい。

しかし、逆に、プロのシステムエンジニアが、基本情報のC言語を時間内に解けと言われても、90%は解けないだろう。

そのくらい難しいものだ。

私も簿記2・3級をアクセサリ程度に受験したが、簡単だった。

情報処理の国家試験に合格しているものにとって、この程度の慣れの問題は
簡単な部類に属すると思う。

はじめは用語や記帳の仕組みに慣れる必要があるが、慣れでどうにかできる問題ばかり。

1級で情報処理の国家試験と同等だと思う。それでも基本と応用の間ぐらい。旧ソフ開以下だろう。


ちなみに基本情報ですら数ヶ月で取れるなんて人はそうそう現れない、100人に1人現れればいいほうだし、

関連学部を卒業して、1年勉強しておいて、学部卒業の4年分を忘れて1年で合格したなんて、言い出す人もいるから、期間はまるで当てにならない。


by NO NAME (2012-06-18 01:43) 

NO NAME

情報処理処理の問題をやっていて、,区切りになれてないってのは、
胡散臭くないですか?

本当に勉強できてますか?


簿記より、厳密に,などの記号にうるさいのが情報処理だと思いますが。
by NO NAME (2012-06-18 01:45) 

NO NAME

圧倒的にプログラミングの方がむずいよな。

そもそも、簿記の問題って、初級シスアドでも結構出るし。
by NO NAME (2012-11-17 06:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。